プロレス・格闘技の情報満載!全日本・ノア公式モバイルサイト

1/10【NOAH】Eitaが小川を“水ぶっかけリンチ"、論外とJrタッグ挑戦表明 タッグ結成も盛大仲間割れ

『N Innovation』横浜ラジアントホール(2022年1月10日)
「U-CUP」ユニットシャッフルタッグマッチ ○タダスケ&宮脇純太vs小川良成&Eita×

 強制的に組むハメとなった小川とEitaがやはり盛大に仲間割れ…。怒りのEitaは再び小川を“水ぶっかけリンチ刑"に処したうえでGHCジュニアタッグ王座獲りを表明し、ジュニアタッグ戦線が一気に混とんとしてきた。

 この日の横浜大会では、まさかの小川&Eita組が実現。1・6横浜大会の4軍団対抗『U-CUP』ジュニアランブル戦で小川とEitaが“各ユニット最初の退場者"となったことから、規定通りに強制的にタッグを組むことになった。

 タダスケ&宮脇組と対決したが、当然序盤からギクシャク。小川がタッチを拒否すれば、EitaセコンドのPERROS DEL MAL DE JAPON勢がやいのやいのと猛クレームだ。中盤過ぎにはまさかの“連係攻撃成功"の一幕もあったものの、結局最後は盛大に仲間割れ。小川がEitaの急所を蹴り飛ばしたところで、タダスケが矢のようなラリアットで突っ込んで3カウントを奪い去った。

 小川がしっかり相棒の敗北を“アシスト"した形となったものの、当然ペロス勢は大激怒。またたく間に小川を集団リンチに処すと、救出に来た吉岡らSTINGER勢も数の論理で鎮圧だ。そしてペットボトルを手にとったEitaは、羽交い締めにされる小川の頭になみなみと水をぶっかけまくり、高笑いを決め込みながら花道を下がった。

 無論、小川も憤怒。ペロス勢をコメントスペースまで追っかると、コメントバックを破壊しながらの大乱闘を展開だ。すると今度は論外が「俺たちも挑戦表明してやるからな! 俺たちもジュニアタッグ挑戦するぞ!」と絶叫しながら論外&Eita組でのジュニアタッグ王座再挑戦を宣言した。

 GHCジュニアタッグ王座をめぐっては1・22大阪大会で小峠篤司&大原はじめ組の挑戦が決定済み。ところがこの日、STINGERの吉岡世起&進祐哉組が挑戦権の譲渡を要求した。そこへ論外&Eitaも名乗りを上げたことで、一気にジュニアタッグ戦線がキナ臭く混とんとしてきた。


【試合後のEita&論外】
▼Eita「アイツ(小川)やっぱダメだ! 大っ嫌いだ!」

▼論外「なんか小川先輩よ、俺たちのモン持ってるよな? 俺とEitaも、HAYATAクンと持ってるGHCジュニアタッグ……」

※そこへ小川らSTINGERがなだれ込んできて大乱闘に発展

▼論外「(※小川らが去ると)俺たちも挑戦表明してやるからな! 俺たちもジュニアタッグ挑戦するぞ! (※破損したコメントバックを見ながら)小川先輩も大人気ねえな。ノアジュニアに払わせろ、一千万あんだろ!一千万!」

プロ格 情報局